スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の紛失、盗難時の対策としてmdmツールのリモートロック機能はセキュリティを強化するためには必要不可欠な機能の1つです。リモートロックはモバイルデバイス端末の紛失、盗難時に遠隔操作によってモバイルデバイス端末をロックして不正利用を防ぎます。またリモートワイプ機能というものもあり、リモートワイプ機能はモバイルデバイス端末の紛失、盗難時に遠隔操作でモバイルデバイス単っ末内のデータを消去する機能です。また遠隔操作でのスマートフォンやタブレットなどを工場出荷時の状態、つまり初期化することも可能です。このリモートロックとリモートワイプの機能によって外部にモバイルデバイス端末内の情報が流出しないように防ぐことができますし、セキュリティの強化にもつながります。リモートロックに関しては代行作業も行ってくれるmdmツールもあります。休日夜間などにも対応してくれるので、24時間365日体制のセキュリティになります。

市場拡大が進むmdmですが、企業や教育機関などの組織において大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合には、mdm導入が欠かせません。
mdmを導入する」場合、mdmによるスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の導入準備が必要になります。
mdmサービスへのモバイルデバイス端末の認証登録が必要になるので、ユーザー企業のサービス加入と認証登録を行いましょう。
管理対象となるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末と使用者を特定して、認証登録は行われます。
導入企業側では、利用シーンにあわせたセキュリティポリシーを組織階層ごとに設定する必要があります。
モバイルデバイス端末側での操作者のセキュリティポリシー設定の変更を許可するかどうかも含めてポリシーを検討していきます。
ポリシーの検討事項としては端末管理者と使用者の設定変更権限の範囲や、組織階層別のセキュリティポリシーのテンプレート化、利用シーンごとの通信手段の明確化などがあります。