mdm導入事例におけるスマートフォンの特徴とは?

企業や教育機関などの組織において、業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の資産管理はこれまでは企業の総務部などで統括して行われてきました。
しかしmdm導入事例が進む中、企業によってはわざわざ総務部で管理するのではなく、一括して管理するmdmにお任せしてしまうケースが多いです。
企業において、パソコンと同じような機能を持っているスマートフォンに対して、セキュリティリスクを緩和するため情報システム部門などで管理されるケースが急増しています。
スマートフォンの特長としては、従来の携帯電話の会社の通信網だけではなく、公衆のWi-Fiスポットなどを経由してインターネットへ手軽に接続することができます。またスマートフォンの中には日本国内に特有のOS(
androidなど)を搭載した端末もあれば、iPhoneやiPadなどの、世界共通のOSであるiOSを搭載した端末もあり、マルチデバイスとなっています。

If you like this post and would like to receive updates from this blog, please subscribe our feed. Subscribe via RSS

Leave a Reply