スマートフォンやタブレットの普及に伴い、mdm導入は今や常識となりつつあります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末市場の拡大に伴い、mdm市場も急速に発展しています。
モバイルデバイス端末を企業で導入する際に、情報流出やコンプライアンスの面からセキュリティの担保と資産管理の負荷を軽減するために、mdmツールを導入する企業が大半です。
mdm市場の拡大に伴い、mdmの機能についても少しずつ変化がみられています。もともとmdmはモバイルデバイス端末を管理するツールになるので、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末自体を管理することを主眼としていました。しかしandroid、iOSやWindowsなど様々なモバイルデバイス端末が登場し、デバイスの選択肢が増加したことによって、デバイスの管理だけでは不十分になってきたのです。さらにモバイルデバイス端末自体の利用用途も多様化してきているため、モバイルデバイス端末だけの管理ではmdmでの管理の意味がなくなってきている現状があります。

byodは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することです。byodを導入する場合も、会社が支給するモバイルデバイス端末を利用する場合と同じく、mdmソリューションによる一元管理が一般的になっています。byodを導入した時のメリットとして、企業側と個人側のメリットがあります。企業側のメリットとしては、仕事の効率アップやスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のコスト削減、シャドーITを減らすなどがあります。
従業員はプライベートと仕事用のモバイルデバイス端末を同じものを使うことになるので、普段から使い慣れているモバイルデバイス端末での効率よい業務が可能になります。またインターネットがあればオフィスに戻らずに仕事をすることができるので、無駄な時間がかからず、仕事の効率化がスムーズになります。またデバイス端末をわざわざ会社が支給しなくてすむので企業のコスト削減につながり、初期費用だけではなく、維持費も減らすことができます。

ビジネスユーザーにとって、スマートフォンやタブレット、モバイルパソコンなどのモバイルデバイス端末は業務利用の効率性アップや、利便性の向上につながる大切なオフィスツールとなっています。
組織的にモバイルデバイス端末を利用できるシステムの接続利用の要求が高まります。企業内ネットワークへの接続に関しては、既存システムにおける従来のパソコンを対象とした、セキュリティぽちしー、権限認証によるシステム利用の制限を設けているため簡単に接続できません。
多くの起業ではmdmを導入しており、導入事例は今後さらに増えていくでしょう。
特に外部接続に関しては、ハッキング、マルウェア対策、ウイルス感染、サイバー攻撃などの対策を講じたシステムが構築されており、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末からの持続性に制限をかけることができます。そのため、従来のパソコンからスマートフォンやtラブレっとなどのモバイルデバイス端末への接続ができなくなっているケースもあるのです。