mdmはモバイルデバイス端末管理ツールの略であり、mobale device managementの意味になります。mdmを導入してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理することで、情報漏えい対策につながります。
外部脅威への対策、内部不正への対策などスマートフォンやタブレットを導入した企業においては、企業としてやらなければいけないセキュリティ対策がたくさんあります。
mdmツールを導入することで、管理工数を減らしながら、万全なセキュリティ対策を実施することができるのです。例えばサイバー攻撃で狙われやすいモバイルデバイス端末に関しては脆弱性を自動で診断することができます。
モバイルデバイス端末の状態とパソコンのあるべき姿がまとまったセキュリティを突合させることで、パソコンにどのような脆弱性があるかを表示できる機能などが搭載されているmdmもあります。
この脆弱制の自動診断によって、管理者はスムーズに脆弱性のモバイルデバイス端末への対処を行うことができるのです。

Apple DEPはアップル社が提供する企業や教育機関などの組織向けのiOS端末の導入支援サービスになります。iPhoneやiPadなどのiOSのモバイルデバイス端末を大量に導入する際の、初期設定や利用環境の設定などがApple DEPを利用すれば効率よくそして簡単に行うことができるので、企業や教育現場の管理者の負担を最小限に抑えることができるでしょう。
ただApple DEPを利用する場合、Apple DEPの契約を事前に行う必要があったり、管理者がmdmとDEPのつなぎ込みを設定したりする必要があります。管理者側の操作が一部増えてしまう部分もありますが、全体的に考えればApple DEPを利用した方が作業は効率的に行えるようになるでしょう。
運用上のメリットが多数存在しているApple DEPを利用すれば、企業として効率よくそして安全に、モバイルデバイス端末の導入が進められます。
今や大型のモバイルデバイス端末の運用において、Apple DEPは必須であるといっても過言ではありません。

Windows、android、iOSなどのスマートフォンやタブレットを一元管理し、セキュリティ対策を強化するツールと言えばmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールの略であり、Webブラウザー上から簡単にスマートフォンやタブレットなどを管理することが可能です。
android、iOSなどのモバイルデバイス端末を企業や組織で導入した場合、初期設定が大変そうだなぁというイメージがあるかもしれません。しかしmdmツールを導入してしまえば、この面倒なモバイルデバイス端末の初期設定もスムーズに行えるようになります。
またandroid、iOSなどの端末管理、セキュリティ強化にもつながります。android、iOSなどのモバイルデバイス端末の紛失による社外秘情報の流出の危険性は、モバイルデバイス端末導入における一番の課題となります。情報流出の危険性を防ぎ、セキュリティを強化できるmdmは非常に優れた管理ツールであるといえるでしょう。