byod導入事例が増える理由

業務でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入が進む中、個人が所有しているスマートフォンやタブレットを業務で使用するbyodが採用される事例が増えています。
企業がbyodを導入、採用する理由はいくつかあります。その1つが運用管理の面におけるメリットです。
運用管理の面におけるメリットしては、モバイルデバイス端末調達をしなくてよいということ、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際のコスト削減、モバイルデバイス端末管理からの解放などがあります。
これは企業側のメリットになります。従業員側、ユーザー側のメリットとしては、モバイルデバイス端末の2台所有をしなくていよいこと、使い慣れたモバイルデバイス端末での活用が可能なこと、常に手に取ることがでいるなどの点があります。byodはセキュリティ対策や利用制限をどこまでするかなどの課題はあるものの、今後もbyod採用事例は増えていくことが予想されています。

If you like this post and would like to receive updates from this blog, please subscribe our feed. Subscribe via RSS

Leave a Reply