スマートフォンの中でもandroidではGoogleのandroid端末管理機能がいくつかあります。
androidOSの開発元であるGoogleでは、ユーザーがandroid端末をより快適に利用できるように様々なツールを提供してくれています。
まず代表的なandroid端末管理ツールとして知られているのが、PC版のGoogle playです。PC版のGooglePlayではandroid端末にアプリケーションを遠隔操作でインストールする機能があります。
アプリを選んでインスト―ルのボタンをクリックすれば、自分のアカウントのandroid端末がプルダウンで表示されてきます。
端末を選んでインストールすれば、android端末上ですぐにアプリのインストールが始まるようになっています。インストールの支持はGCMを通じてandroid端末に配送されるようになっているので、モバイルデバイス端末自体はインターネット接続だけできていればOKです。

byod導入事例の企業では、従業員がそれぞれ使用している私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することになります。社内で支給したスマートフォンやタブレット端末の場合、従業員は決まったものの中から端末を選ばなければなりません。そうするとモバイルデバイス端末の仕様やデザイン、プラットフォームなど細かい点で納得できない…という人は少なからずいるでしょう。
そうなると従業員側からは、使いにくい、モチベーションが下がるなど生産性が低下してしまう要因が出来てしまうのです。
しかしbyodで私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、自分の好きなスマートフォンやタブレットを利用して業務を行うことができるので、モチベーションの向上につながり、生産性もアップします。
また普段から使い慣れているモバイルデバイス端末であれば、業務を行っている時にも不便さを感じませんし、分からない端末を使う時のイライラや煩わしさを感じなくてすみます。

mdmとはモバイルデバイスマネジメントの略であり、企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した時にそれらの端末全体を一括して管理するための管理ソリューションになります。
mdmに求められる機能は人によって様々ですが、企業で利用するにあたり、モバイルデバイス端末の遠隔での操作制御、設定管理、利用情報収集などは必ず必要となる機能と言っても過言ではありません。
遠隔での操作機能はモバイルデバイス端末を紛紛失したり、盗難されたりした時に必要不可欠な機能であり、ワイプやロック機能があります。
遠隔設定では、パスワードを強制化、デバイス内臓のカメラやアプリケーションの利用禁止などを設定できます。利用情報収集に関しては1つ1つのモバイルデバイス端末がきちん利用されているかを確認できます。サービスが継続してくれないようなmdmツールソリューションであれば、最新の管理をすることはできないでしょう。