スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で活用する場合、そのデバイス端末内には機密情報や個人情報で埋め尽くされることになります。そのモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりするとデバイス端末内にある全ての情報が第三者に漏出してしまうため、非常に危険です。そこで企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には、しっかりとしたセキュリティ対策を掲げることが重要になります。
セキュリティ対策としておすすめしたいのがモバイルデバイス管理ツール=mdmです。mdmは大量に導入したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の初期設定はもちろんのこと、アプリケーションの配信、利用機能の制限、資産管理など様々な機能があります。
そしてもう1つ忘れてはいけないmdmの機能と言えば、遠隔操作によるロックやワイプ機能です。遠隔からのロックやワイプ機能があれば、最悪な事態を回避することができます。またスクリーンロックの設定の強制や暗号化設定の促進によって、セキュリティ対策を強化することができるのです。

スマートフォンは電話機能だけではなく、パソコンの代替機としても活用されています。このパソコンとしての機能を業務で使用する時には最大限利用するtこおになります。いつでもどこでも、社内にいる時と同じような環境で仕事ができるとあって外出先でも必ず持ち歩くのがスマートフォンやタブレットでしょう。
そのため、どこかで落としてしまったり、盗難されたりする危険性もパソコンに比べると非常に高いのです。
ノートパソコンの持ち出しが減る一方、大量のデータを搭載したスマートフォンを持ち運ぶことによって、データの紛失リスクが高まります。
そこでそれらのセキュリティ対策として企業ではモバイルデバイス端末の導入とともに、mdmの導入も行います。
mdmの導入は企業としてスマートフォンを導入検討の際に最も気を付けて考えなければいけないポイントと言えるでしょう。情報流出を抑えて、企業としての信頼を守らなくてはなりません。

企業でスマートフォンやタブレットを利用して業務を行う場合、大量のモバイルデバイス端末を導入しなければなりません。社員数が10人でも1000人でもVPPと呼ばれるビジネス向けのプログラムを利用することで、ビジネスの様々なニーズに合ったアプリケーションや本を簡単に見つけることがでい、購入や配布もスムーズに行えます。
VPPはVolume Purchase Programのことであり、管理配布機能があります。この管理配布機能によって企業ないでまとめて購入したiPhoneやiPadなどのiOSのアプリを従業員や生徒にライセンスを与えて、配布することができます。また配布したアプリやライセンスは、別の従業員に新たに割り当てることもできるので、mdmと並んでモバイルデバイス端末を導入する時には利用しておきたいサービスと言えるでしょう。VPPのアプリ配布を利用するにはまずはVPPのアカウントを取得する必要があります。取得は簡単に行うことができます。