企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する機会が増えています。スマートフォンやタブレットのデバイスにはiOSやandoroid、Windowsなどがありますが、企業によってはiPhoneやandroidなど複数のデバイス端末を導入しているケースも少なくありません。
異なるモバイルデバイス端末を管理するのは非常に大変なイメージがありますが、mdmを利用すればandoroidとiphoneなどマルチデバイス端末における管理も効率よく一度に行うことができます。
mdm製品によってはマルチデバイス端末に対応していないものもあり、andoroidだけ、iphoneだけを管理できる機能しかないというもんもあるでしょう。
mdmによるandoroid端末管理を行うことで、情報セキュリティ対策、不正利用対策、ライセンス管理、コスト削減につながるモバイルデバイス端末の稼働状況の確認および業務の最適化などにつながります。
情報端末というのは会社にとって大切な資産になるので、mdmでしっかりと管理対策を行うべきでしょう。

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務での利用が進む中、それらのモバイルデバイス端末を管理するためのツールであるmdmの導入も増えています。
特に企業などで大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、mdmで一括管理することでしっかりとしたセキュリティ対策につながります。
mdmソリューションを提供する企業は日本国内だけでもたくさんあります。それぞれのmdm製品によって機能は異なりますので、mdmを比較してから導入するmdmを決めるのが望ましいでしょう。
まずmdm製品を導入する上で、ポイントとなるのが何を管理したいのか?ということです。
mdmで管理できる機能は様々です。企業によってモバイルデバイス端末のどのような点を管理したいかは異なりますので、どの点を管理したいのかを明確にしてみましょう。勝手にアプリをインストールされたくないので、インストールできないように制限する機能が必要な企業もあれば、配布したモバイルデバイス端末がきちんと使われているかをチェックしたいという企業もいるでしょう。