mdmとはモバイルデバイス管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末管理システムのことを言います。企業内でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入、活用する上で、mdmは欠かせないソリューションと言えます。
mdmはモバイルデバイス端末を活用、導入する上でセキュリティ強化と運用管理効率化を目的として導入されています。
mdmを導入することで、大量のモバイルデバイス端末を管理する管理者側の負担を軽減できるとともに、利用者の使用を管理、制限することによって不正使用を未然に防ぎ、紛失、盗難時のモバイルデバイス端末内の情報漏えいのリスクを防ぐことにもつながります。
例えばモバイルデバイス端末紛失時の遠隔ロック操作、遠隔ワイプ機能などはmdmの一般的な機能と言えますし、特定のアプリケーションやカメラ機能など情報漏えいにつながる可能性のある機能を禁止できます。

モバイルデバイス管理ツールであるmdmはスマートフォンやタブレットなどを一括して管理し、モバイルデバイス端末のセキュリティを確保するために企業の間で幅広く利用されています。
企業がmdm製品を導入することによって得られるメリットは、モバイルデバイス自体の保護だけではなく、スマートフォンやタブレットの中にあるデータや接続先になる社内のLANの保護機能も得られます。
mdm市場は現在飽和状態になっているものの、新しい企業が常に参入している状態が続いています。
モバイルセキュリティの大手ベンダー企業では、中小の専業ベンダーを買収して、その技術を自社のmdm製品に組み込んでいます。
企業で使用されているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の大多数はapple社のiOSか、androidを搭載しています。
この状況はスマートフォンでもタブレットでも変わりありません。これらのデバイスに対応したマルチデバイス対応のmdmを導入すればどのようなモバイルデバイス端末でも同じよう管理することが可能です。

mdmを導入すると何がどうなるのか、よくわからない…という人もいるかもしれません。
mdmを導入して、大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理することによって業務に支障の出る機能の使用を制限したり、アプリケーションの一括配布やダウンロード、紛失、盗難時の情報漏えいリスクの回避対策などがあります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を適切なセキュリティ管理するためにはmdmは欠かせません。
mdmを導入する際には、その企業に適した製品、サービスのmdm選定が重要になります。
このmdm選定を正しく行うためにはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の特徴をしっかりと把握して置く必要があります。企業が業務用にモバイルデバイス端末を配布した場合、IT管理者はそれらのモバイルデバイス端末が適切に管理、運用されているかmdmで管理する必要があります。