Mdmソリューションはモバイルデバイス端末管理ソリューションのことであり、大量のモバイルデバイス端末を管理するシステムのことです。モバイルデバイス端末を企業などで大量導入した場合、その初期設定やセキュリティ対策で管理の負担は非常に大きくなってしまいます。この管理を効率よくそして確実に行うためにmdmソリューションを導入するのです。
Mdmソリューションとモバイルデバイス端末導入は同時に行うことが多いです。
大量のモバイルデバイス端末管理を行えるmdmソリューションは情報システム担当者の作業工数を大幅に削減し、強力なセキュリティ対策を実現してくれます。例えばモバイルデバイス端末が紛失・盗難された時にはリモートロックやリモートワイプ(初期化)などにより、素早い対応ができるので、モバイルデバイス端末を拾った第三者への情報漏えいを防止できるのです。またウェブフィルタリング、アプリケーション起動禁止、カメラやSDカードなど使用禁止など業務用端末としての安全運用を行うこともできるのです。詳しくはこちら

リモートワイプはmdmソリューションの基本的な機能の1つです。
企業で大量のスマートデバイス端末を導入するにあたり、mdmソリューションは欠かせないシステムツールになります。Mdmにはそれぞれの製品によって様々な機能がありますが、その中でもリモートワイプは、スマートフォンやタブレット端末に記録してあるデータを、遠隔操作で消去、無効化する機能になります。
リモートとは英語で遠隔操作、ワイプは拭き取るという意味があります。スマートフォンやタブレットは携帯性に優れているため、紛失、盗難のリスクが高くなります。
そこで紛失、盗難の危険性に備えたのがmdmの基本機能リモートワイプなのです。
リモートワイプを実際に端末に実行するには、その命令を送信するためのサーバーが必要になります。
サーバーの管理画面から、指令を送り、スマホのデータ通信を利用してモバイルデバイス端末に送られ、端末内のOSやソフトが自動的にデータを消去します。リモートワイプ