企業で導入しているスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末は紛失、盗難された時の対処が重要になってきます。Mdmツールによって管理下に置かれたスマートデバイス端末であれば、管理者はウェブ管理画面でリモートワイプ操作を実行できます。管理者は利用者からスマートデバイス端末の紛失の連絡を受けたら、Web管理画面からリモートワイプを行うことができます。インターネットへの接続環境があれば、Web管理画面上で、任意の端末を選択、実行ボタンをクリックするという簡単な操作で、いつでもどこでもスマートデバイス端末の初期化が行えるのです。つまり紛失しても端末を初期化してしまえば、情報が外部に漏えいする危険性は極端に減るのです。
Web管理画面では、管理対象のスマートデバイス端末の情報、ユーザー情報をまとめて管理することもでき、リモートワイプの実施状況、スマートデバイス端末同期実施状況をレポート画面で把握することもできます。端末のリモートスワイプ、リモートロック

スマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末を企業に導入する場合、徹底的な管理が必要となってきます。そこでmdmツールの出番がくるのです。Mdmツールによってスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を管理すれば情報漏えいのリスクを軽減し、不適切なウェブ閲覧による生産性の低下などの問題も解決できるのです。
Webフィルタリングでは業務や教育に不適切なウェブサイト閲覧を制限します。またセキュアブラウザでは業務や教育に不適切なウェブサイト閲覧の制限、キャッシュ、履歴など重要な情報をスマートデバイス端末に残さない設定、管理などを行うことが可能です。ログレポーティングではスマートデバイス端末活用を管理者に見えるようにすることでリスクの回避につながり、指摘することもできます。また興味や関心があることを、mdmツールを用いて知ることもできるのです。mdmツールはスマートデバイス端末を活用する上でなくてはならない存在と言えるでしょう。参照URL