企業や教育機関でのスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の普及が進んでいます。スマートデバイス端末を用いた学習は、これからのICT教育をする上では欠かせないツールとなっているのです。スマートデバイスを用いた自主学習できるサービスも開始されており、生徒が教室で自主学習用にタブレットを使用するという場面も増えています。そこで重要になってくるのが、mdmによる一元管理です。それぞれのタブレット端末の利用状況の把握や設定の配布する管理の仕組みが課題になるため、mdmの導入は欠かせません。
またタブレットなどのスマートデバイス端末の利用者は不特定多数の生徒が対象となるため、不正使用を防止する強固なセキュリティが必要となるので、mdmによる一元管理が重要です。また教育現場でスマートデバイスを導入する場合には、強固なセキュリティ対策ができるmdmが望ましいと言えるでしょう。mdm選定も慎重に行うべきなのです。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/%E7%AB%AF%E6%9C%AB%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%97%E3%80%81%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/

mdmメーカーによってはmdmの導入から運用までを各フェーズに合わせてサポートメニューを用意しています。サポートメニューをうまく活用することで、mdmを円滑に活用でき、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を効率よく管理することができるでしょう。それに伴いビジネス効率のアップ、人員削減など企業のプラスにつながっていきます。
例えばmdmの初期設定、パラメータ登録、端末キッティングのサポートメニューとしては、APNs証明書の取得、更新作業の代行や、管理者アカウントの作成作業代行などのサポートがあります。また管理画面の操作講習などを実施しているmdmもあります。運用が始まったら、電話サポートやウェブ会議などで操作や管理に関して不安な点、わからない点などはしっかりとサポートしてくれます。
管理者講習サービスは現地に行くものもあれば、オンサイトで行うものもあります。テレビ会議システムを通じて抗議をしてくれる場合もあるでしょう。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm%E6%AF%94%E8%BC%83/

企業や教育機関で利用するスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスの管理やセキュリティ対策をするために欠かせないのがmdmです。Mdmはモバイルデバイス管理の略であり、 iOS、android、Windows、macOSなどのマルチOS、スマートフォン、タブレット、パソコンなどマルチデバイスに対応していて、あらゆるモバイルデバイス端末の一元管理を実現してくれます。
Mdmツールの中にはサーバー設置不要なSaaS型提供も多く、IT管理者のウェブブラウザから簡単にスマートデバイスの一括管理をすることができます。Mdmツールを利用することで効率よく、そして安全にモバイルデバイス端末を導入することができ、企業実績のアップ、ビジネス効率のアップにつながります。今後企業として成長するためにはmdmツールによるモバイルデバイス端末の一元管理は必須となっていくでしょう。Mdmツールによって様々な機能や特徴があるので、しっかりと把握して企業にあったものを選択することでよりよい一元管理が可能になります。MDMによるスマートデバイスの安全管理