Mdmはクラウド環境下でパソコンやandroid端末、ios端末などのスマートデバイスを一元的に管理できるサービスのことを言います。企業や教育機関なので複数のモバイルデバイス端末を導入する場合、管理者がすべてのモバイルデバイスを一括して管理するのは非常に大変です。そこでmdm管理サービスを利用することで、効率よくモバイルデバイス端末をビジネスが学習に取り入れていくことができるのです。
Mdm管理サービスはmdmサービスを提供するメーカーによってその機能には違いがありますが、資産管理やセキュリティ管理など多様な管理機能を利用することができます。盗難、紛失防止はもちろん、アプリケーション制限の機能もできるのです。
資産管理とはソフトウェアやハードウェアの管理のことであり、セキュリティ管理とは脆弱性のチェックや盗難・紛失防止、NW接続制御などの機能があります。また内部統制管理としてはソフトウェア起動制御、配布、リモートコントロールなどがあります。
リモートロックなどMDMの機能についての参考に

企業や教育機関がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを使用するのが一般的になってきています。業務に使用しているスマートフォンやタブレットを円滑に使うためには統括した管理が必要になります。一括でまとめて管理するためのソリューションこそがmdmなのです。Mdmはタブレットやスマートフォンなどの端末に何かトラブルがあった時に、悪用されないようにリモートでデータ消去やロックをできたり、閲覧制限などを行うことができたりします。
スマホやタブレットを業務で使用することになるので、業務にふさわしくない設定は変更するべきですし、タブレットやスマホなどのモバイルデバイス端末を手にする人がどのように端末や回線を使用しているのか?などを監視することもできます。そのほか、会社や企業の秘密情報が外部へ流出しないように、社内にいる時にはインターネットのサーバーへのアクセスができないように制限することができるのです。
http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Mdmには設定された遵守ポリシーがあります。では組織のポリシーに遵守していないデバイスは確認することができるのでしょうか?
Mdm管理では電源を入れた状態で、用務で使用するアプリの利用状況やインストールされているアプリ一覧で設定した値から外れてしまったモバイルデバイスはないかをその都度監視してチェックすることができます。もしも遵守ポリシーから外れたモバイルデバイスが見つかった時には、そのことがすぐに管理者の元へと通知されるシステムになっています。
遵守ポリシーから外れた時の処理を事前に設定しておくことで自動的にモバイルデバイスを保護する役割も担っているのです。
mdmとモバイルデバイスは通信を定期的に行い、稼働状況をチェックしている状態になっています。そのチェックする時間、間隔などの各mdmサービスによって異なると言われています。監視する間隔が短ければモバイルデバイスに何か不具合があった場合でもすぐに見つけ出すことができるでしょう。
http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/