この4月から有名企業に入社し営業マンとして働いていくんだ!という希望を胸に今を過ごしている方も多いのではないでしょうか^^

営業マンとしての腕を上げるには、経験や実績が必要となりますが、もし可能であれば資格の取得というのもおすすめです。毎日これから営業に頑張ろうとしているのに、なぜ資格を?と思われるかもしれませんが、資格を所有していることで社内で重宝されたり給与にも反映される可能性も大いにあるんですね。それに、何より自分の営業人生において有益なんです。

最近注目をされているのがSalesForceの認定資格。SalesForceは世界的に利用されているCRMがありますが、営業マンにとってCRMを駆使できることは大きな武器になります。SalesForceでは認定アドミニストレーター、認定上級アドミニストレーター、認定 Sales Cloud コンサルタント、認定 Service Cloud コンサルタント、認定 Community Cloud コンサルタントといういくつかの段階に分けて取得できる認定資格があります。是非、知っておいてください!

SFAに関するコラムを読むと、SFAの導入のメリットのほかに、満を持して導入したものの、結果的に失敗に終わった・・ということにならないよう、アドバイスがされています。

そのアドバイスと言うのも、実はほとんどのコラムで同じことが書かれているんですね^^それは目的を明確にしましょうということ。

初めて扱うシステムというのは、その扱いにまずは時間がかかり、すぐに結果が出るものでもありませんよね。営業担当者は慣れないシステムに四苦八苦しながら毎日入力しているのに、それが売上アップにつながらないのなら、頑張る意味がありませんからね。そこで、何のためにSFAを使わなければいけないのか、その目的をしっかりと伝える必要があります。

さらには、営業担当者が必要性を感じられるような機能を取り入れること、これもとても効果的と言われています。目的、そしてこれが無ければ仕事にならないと思えるようなシステムにしていくこと。ここがポイントなんだそうです。

KnowledgeSuite