グーグルでは、検索窓にSFAと入力するとその後に予測の単語として医療系の言葉が続くんですが、ヤフーでは血管、トイレ、とあり次にsuiteという単語が続いていました。

このsuiteとは、Knowledge Suiteのことのようなんです。と言うことは、SFAならKnowledge Suiteと思っている人がたくさんいる、ということなのでしょうか。

実はこのシステム、SFAだけでなくてCRMも一緒に組み込まれているサービス。しかも「問合せ管理、集計・分析ツール、他システムとのデータ連携アプリなど複数の機能が最初から使える」というオールインワンのシステムなんだそうです。だから、たくさんの人が注目しているんでしょうね。

アメリカではSFAとCRMは一緒にサービスに組み込まれているのが当たり前、と言われていますよね。でも日本人のために最初に作られたサービスでも無いため使い勝手が良くなかったため、SFAとCRMは切り離されていたのですが、ここにきてまた一緒にサービスされているものが、人気になっているんですね。