セールスフォースドットコムが提供するCRMプラットフォーム『Salesforce』は、世界トップシェアを誇り、さまざまな企業で採用されています。そんなSalesforceには“レポート”という機能があるのですが、一般的には上司などへの報告書としての使われることが多いそう。しかし侮るなかれ。このレポート機能は営業の現状を把握するだけでなく、分析を行うにも適しているんですよ。そこで今回はこのレポート機能について紹介していきたいと思います。レポートの種類は、契約顧客数や売上などの目標に対しての現時点の実績を集計して報告する「実績レポート」、目標に達成するまでの傾向や進捗を確認することができる「プロセスのレポート」、プロセスがうまく機能しているかや施策に抜けがないかを確認する「チェックするレポート」に分けられます。このようなレポートを使い分けることで、現状を把握し、問題点の解決を行い、実績レポートで集計・報告を自動化することで、営業プロセスを完全なものにしていくことが可能なんですよ。レポートを活用するだけで、目標を達成しやすくなるのならやってみる価値はあるでしょう。

「SFA(営業支援システム)にあまりコストはかけたくない…けれど会社の営業業務に合わせて柔軟にカスタマイズしたい」こんなニーズに応えて、コストを掛けることなく自由にカスタマイズできるSFAが登場しました。それが株式会社ジャストシステムからリリースされた成長型営業支援クラウドサービス『JUST.SFA』です。成長型という言葉通り、これは自社業務に合わせたカスタマイズを誰でも簡単にできるんですよ。ドラッグ&ドロップの操作だけで簡単に自社に最適なSFAへとカスタマイズできるという。運用開始までに必要だったヒアリングや要件定義なども不要で、最短で即日には運用スタートできます。これならIT部門の負担も一気に軽減されますよね。現場での使いやすさ面もこだわっており、業務パネルを1画面で総覧表示できるそう。しかも他のクラウド型SFAと変わらない価格設定(月額費用と必要に応じたサポート費用のみ)なので、導入から運用に掛かるコストを大幅に削減できます。まさに理想的なSFAと言えるのではないでしょうか。

ネットショップの構築や運用ASPをサービスしているフューチャーショップが、「LINEを活用したCRMマーケティングを支援」できるサービスを開始するそうです。

名称は同社のECプラットフォーム「FutureShop2」。このサービスを使っている消費者である会員と、企業が使っているLINEの友だち機能においてIDで連携できるようになるんだそうです。IDの連携ができることで企業は直接消費者にメッセージを送ることができるんですね。例えば、消費者がFutureShop2を利用している企業の商品を買ったとします。企業側はその商品の情報、そして購入者の年齢などの情報からおすすめの商品やサービスをLINEでメッセージできすようになるんですね。

企業側がダイレクトに購入者にメッセージを送れること、しかも無駄ではなくて的確な情報を送れることで再購入を促せるようになると。ただ消費者側としたら便利なのか面倒なのか・・わかりませんね。。

KnowledgeSuite