価格。comのスマホ人気ランキングって見たことあります?私は見たことがないんですが、今年4月26日から5月2日の一週間で一番人気になっていたのは、ASUSのZenFone Goだったんだそうです。このスマホ、4月に発売されたSIMフリースマホで価格は2万円ほど。

そもそもこの機種は一般向けなのでしょうか、それとも法人向けのスマートフォンなんでしょうかねぇ。ある記事に書かれていたのは、「負荷の軽いアプリをよく使う人なら十分満足できる性能を持っている」と。つまり、電話やメールなどの基本的な機能をよく使い、ゲームや動画などはあまり楽しまない、観ない人。カメラの画素数も今のZenFoneのシリーズの中では最も少ない800万画素なので、こだわりのある写真や動画を撮りたい人には不向きということです。

ということはこれは法人向けのスマートフォンとしておすすめなんでしょうね。ただ、法人向けのスマートフォンはほかの会社が1万円台でも発売されているので、ほかに何か魅力を感じるポイントが必要かと思われますね~。価格。comでの人気の裏には一体何が隠されていたんでしょうか?!

Sales Force Automation (SFA)とは

スマートフォンなどのモバイルデバイスやクラウドを業務に活用することは、機動性を高めますが、セキュリティ対策は必須項目になります。しかし対策を堅牢にすればするほど仕事がしにくくなるもの…安全性と効率性のジレンマを感じている企業は少なくありません。機密性の高い情報を数多く取り扱う弁護士や法律事務所は特にそうでしょう。しかしながらコスモポリタン法律事務所では、チャットツールで弁護士やスタッフの円滑なコミュニケーションを実現しているそう。同社が選んだ“安全な”チャットツールは、データ保護製品や法務関連業務のツールを手掛けるAOSグループの『In Circle』。「通信が暗号化されている」「メッセージを保存するサーバも暗号化されている」「国産ベンダーが提供している」などが『In Circle』を選んだ主な理由だったとか。このチャットツールのおかげで機密情報をしっかりと守りながら、顧客や法的機関などとスピーディなやり取りを実現しているそうですよ。パソコンやスマートフォンで使えるのはもちろん、チャットのメッセージをスマートフォン経由でスマートウォッチに表示させることも可能。これなら混雑した電車の中でも瞬時に手元で必要な情報を確認できますよね。セキュリティレベルの高い製品の方が、使い勝手もよい場合があるということでしょう。