ずっとスマホで音楽を聴いていたり、動画を見ている人は、バッテリーの残量がすぐに無くなってしまいませんか?そのたびに、充電できるショップなどを探してそこでしばらく・・、なんてことも多いハズです。そんな人に朗報?なのが、スマホ同志で充電ができるというアイテムが発売されているんだそうです。これは、いつもスマホ関連の面白グッズを販売している上海問屋のもの。価格も700円ほどとお値頃感ばっちりです。USB端子で2台のスマホをつなぐんですが、「充電側と給電側専用端子を備えており、コネクタを挿すと給電・充電がスタートする。」とのこと。USB変換アダプタも付いているので、普通にUSBケーブルとしても使うことが可能なんだそうです。ケーブルの長さは13cmということで、ま、この長さはあまり取沙汰する必要はないですね^^ただ、電力を供給する側のスマホは、USB OTG(On-the-Go)規格というものに対応していないといけないそうです。。これ、どうやって調べると良いんでしょうね。この便利アイテムですが、友人同士や社員同士での充電っていうのはちょっと難しそうですよね。例えば親子とか^^外出時、子供がスマホでの音楽や動画を楽しみ、バッテリー残量が厳しくなったときに親から給電してもうらとかね^^

TODOリストの管理ができるGoogleのタスク管理アプリ『Google Tasks』を使っているというビジネスマンは少なくないと思います。そんなGoogle Tasksユーザーにオススメなのが、手元にあるスマートフォンなどのモバイルデバイスでいつでもどこでもGoogle Tasksと連動・同期できるアプリ『GoTasks』です。もちろんシンプルで使いやすいTODOリスト管理アプリを探しているという方にもオススメですよ。ToDoの追加 は『アプリを起動させると複数のカテゴリーのToDoをまとめて表示される・右上の+ボタンをタップ・項目を書き込みDoneをタップ』という最短で3回のタップだけ。忙しいビジネスマンにはピッタリですよね!表示するだけでなく、タスクの追加・削除・リストの移動などの編集までできるというのも便利だと思います。他にもアラート機能で予定時刻前に知らせてくれたり繰り返しかけることができるので、予定を忘れることはありません。セキュリティにも配慮されていて、データはしっかり暗号化されて安全にGoogleとやり取りされているんですよ。無料でインストールできるので、どのTODOリスト管理アプリが良いのか分からないという方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。

ヤマダ電機がWindows 10 Mobile搭載の「Every Phone」の説明会を行ったそうです。これは記者向けの説明会だったそうですが、ここで登場したヤマダ電機のCOOはSIMフリースマホの可能性を強気で語っていたそうです。Windowsモバイルは法人向けのスマートフォンとしてその能力を発揮しているようですね。このEvery Phoneをテストマーケティングで発売した際には、店頭の展示だけでそれまでのスマホやタブレットと比較すると3倍以上、売れたそうです。しかも買った人の半分は仕事のためにと。やはりWindows搭載、というパソコンとの親和性がメリットとして大きいのでしょうね。こちら、Every Phoneは、カメラ機能もなかなかで、メインが1300万画素、サブが500万画素とのこと。ドコモの回線を利用し、通信はLTE/W-CDMA(3G)/GSMに対応だそうです。カラーは黒と白のみだそうですが、価格が40,000円ほど。これが魅力ですね^^