スマートフォンの進化は留まることを知りません。一年もたてばスマートフォンはどんどん新しい機能が登場し、基本性能もアップし、ハード面も進化します。個々一年では例えば、通信規格が更新されたり、画面がかなりの大型化を遂げました。また、全体としてコンピューターの性能がかなり向上したのも個々一年の出来事です。1年前のスマートフォンではもはや使いにくいということもあるでしょう。そんな進化の速度の早いスマートフォンについて、未来のストーリーというのを見ていくのも面白いでしょう。未来といっても、すぐ来年にでも、もしかしたら今年中にでも登場する驚くべき機能があります。それは、視線を使ってスマートフォンを操作するという機能です。現在すでに発売されている機種の一つには、視線を感じて液晶のバックライトのオンオフを指導で行う機能があります。それを更に進化させたのが視線での操作です。

iPhoneのイヤフォンジャックに挿すと温度が測れるという小型温度計アクセサリーが登場したそうなんです!
この小型温度計アクセサリー「Thermodo」はクラウド・フォンディングサイト「Kickstarter」で提案されており、既に生産資金の目標額である35000ドルを遥かに超える142596ドルが集金されているという今、人気のアイテムなんだそうです!
そんな注目を集めている、小型温度計を提案したのはデンマークにある天候アプリ開発会社のRobocatで、パッと見はキーホルダーのように見える「Thermodo」ですが、ヘッド部分を外し、iPhoneのイヤフォンジャックに挿すだけで、温度計センサーに早変わりしてしまうそうなんです!
この温度計で測定されたデータは専用アプリで画面に表示されるようで、ソフトウェア開発キットの公開もされているので、
このアクセサリーを使用した他社製のアプリの開発も可能となっているそうです。
今後、この温度計を利用したアプリが登場するかもしれませんね!